半纏(はんてん)・法被(はっぴ)ドットコム >  半纏法被の制作事例  >  壱丸様平成小牧夏祭り用半纏(はんてん)

オリジナル半纏・オリジナル法被の制作事例

2016年9月21日

壱丸様平成小牧夏祭り用半纏(はんてん)

 

壱丸(いちまる)様平成小牧夏祭り用法被

壱丸(いちまる)様より【平成小牧夏祭り】で、自チームの山車を牽くための、

チーム衣装としてしようされる半纏(はんてん)のご注文を頂きました。
平成小牧夏祭りは、各チームや団体が趣向を凝らしたねぶた祭りの山車などを
各団体はこだわりの半纏(はんてん)を着用し音楽や太鼓の音と共に練り歩くお祭りです。
壱丸(いちまる)様は小牧市の隣の市である「犬山祭り(約400年続く車山の祭り)」を
基盤に山車を制作され、笛と太鼓の音に合わせて牽き廻します。
大変大きく重量のある車山を持ち上げる「どんでん」や、
勢い良く回転させて方向転換をする「車切り」が最大の魅せ場です。
ご注文の商品は:

半纏・法被

生地:Gポプリン

製法:反応染料染色加工

地色:白地に赤エンジと赤エンジ地に白抜き

寸法:身丈80cm×身巾66cm

縫製:両腰紋入り 

衿:赤エンジ色 文字なし

紋:会紋入り

半纏・法被のことならなんでもお気軽にお問い合わせください! 無料見積り 生地サンプル取寄せ

本サイトで使用しているのぼりは、お客様本人のご了解の上、掲載させて頂いております