1. 半纏(はんてん)・法被(はっぴ)ドットコム

全国お祭りマップ

日本全国のお祭りをご紹介!

こちらのページでは、粋なはんてん・法被が大活躍する、日本全国のお祭りをご紹介いたします。
威勢のよいお祭りを盛り上げるはんてんを着込んで、あなたも是非お祭りに参加してみて下さい!

全国のお祭り 6月

尾張西枇杷島まつり

  • 尾張西枇杷島まつり
  • 尾張西枇杷島まつり
■開催地
愛知県清須市西枇杷島町
■開催日
2018年6月2日(土)~6月3日(日)
■イベント内容
 五両の山車が曳き廻され、二百軒を超える露天商が美濃路沿いにぎっしりと並びます。人出は2日間で20万人ともいわれ、特に土曜日の夜は数百発の花火が打ち上げられ、身動きが取れないほどの熱気に包まれます。

尾張西枇杷島まつり 公式サイト

ちゃぐちゃぐ馬っ子

  • ちゃぐちゃぐ馬っ子
  • ちゃぐちゃぐ馬っ子
■開催地
岩手県盛岡市
■開催日
2018年6月9日(土)
■イベント内容
 毎年6月の第2土曜日、滝沢村の蒼前(そうぜん)神社前から 盛岡八幡宮まで15キロの道のりを約4時間かけて行進する盛岡の初夏を代表するお祭り。百頭近くの馬が色とりどりに華やかに着飾り、鈴の音を響かせながら進みます。
馬と深くかかわってきたみちのくならではの、馬が主役の珍しい行事。国内には他にも馬のお祭りはありますが、このチャグチャグ馬コは日本一の馬の祭典といっても過言ではないでしょう。昭和53年には、国から「記録作成等の措置を講ずべき無形の民俗文化財」に選ばれ、平成8年には鈴の音が環境庁より「残したい日本の音風景百選」に選ばれました。

愛染祭り

  • 愛染祭り
  • 愛染祭り
■開催地
大阪府大阪市
■開催日
2018年6月30日(土)~7月2日(月)
■イベント内容
 大阪三大夏祭りのひとつ、愛敬・人気・縁結びの神、愛染さん(勝鬘院)の夏祭りです。紅白の布と愛染かつらの花などの造花で飾った宝恵駕籠(ほえかご)に、浴衣姿の愛染娘たちを乗せて、「愛染さんじゃ~!ホ・エ・カッ・ゴ~!」の掛け声とともに谷町筋を練り歩く愛染参り行列が人気です。
連日18時より芸能大会や祭り囃子などが演じられ、夕方からたくさんの屋台が立ち並びます。

全国のお祭り 7月

博多祇園山笠

■開催地
福岡県福岡市
■開催日
2018年7月1日(日)~7月15日(日)
■イベント内容
 博多の夏の初め、7月1日から15日まで行われる、博多祇園山笠。その間、博多の街のいたるところに「飾り山」が建てられ行き交う人々の目を楽しませてくれます。1日には当番町、9日に全流れによる筥崎浜でのお汐井とりが行われ、10日夕刻の流舁きから舁き山笠が動き出します。そして最終日、15日早朝の追い山で、男たちが約1トンもの山笠を力強く担いで街を駆け抜け、全行事を終えます。
九州三大祭の一つです。

祇園祭り

■開催地
京都府京都市
■開催日
2018年7月1日(日)~7月31日(火)
■イベント内容
 八坂神社の祭で、大阪の天神祭・東京の神田祭とともに、日本三大祭のひとつに上げられています、その起源は約1100年前に遡り、歴史の長さ、豪華さ、規模、ともに日本でも有数の祭りです。
祭のハイライトは17日に行われる32基の山鉾巡行。巡行は四条烏丸から御池通へ向います。途中、「注連縄(しめなわ)切り」「くじ改め」や豪快な辻廻しなどで見せ場を作り、豪華絢爛に繰り広げられます。

天神祭り

  • 天神祭り
  • 天神祭り
■開催地
大阪市北区
■開催日
2018年7月24日(火)~7月25日(水)
■イベント内容
 江戸時代の元禄期から「日本三大祭り」の一つとされるほど、日本有数の有名なお祭りとなっています。
そんな大阪で行われるこの「大阪天神祭り」。このお祭りの起源は、1000年以上も昔にさかのぼるといわれています。天暦5年(951年)、大川に神鉾を流して流れ着いた浜で禊を行ったときに、神領民や崇敬者が船を仕立てて奉迎したことが、このお祭りの始まりとなりました。
その後は迎える船の数も増え、豊臣秀吉が大阪城を築いたときには船渡御の形も整い、元禄時代以降は浪速の繁栄のシンボルとして隆盛をきわめ、新たにお迎え人形も登場しました。

全国のお祭り 8月

弘前ねぷた祭り

  • ねぷた祭り
  • ねぷた祭り
■開催地
青森県弘前市
■開催日
2018年8月1日(水)~8月7日(火)
■イベント内容
 弘前ねぷたまつりは、三国志や水滸伝など勇壮で色鮮やかな武者絵が描かれた大小約60台もの扇ねぷた(燈籠)と組ねぷた(人形)が、弘前の街を練り歩きます。
現在の弘前ねぷたは、子どもねぷた、前燈籠など、さまざまに趣向を凝らし、躍動感あふれる美しさが魅力で、市民の手によって運行されています。
「火扇」とも称される扇形の灯籠が市街地を練り歩き、勇ましく力強い「ヤーヤドー」の掛け声とともに、ねぷたが整然と行き交う様子から、戦への出陣の祭りと言われています。
青森のねぶたが牛若丸と弁慶など、人形を組み合わせた組みねぶたであるのに対し、弘前のねぷたは扇型の骨組みに武将の絵をかいた、扇ねぷたと呼ばれています。

青森ねぶた祭り

  • 青森ねぶた祭り
■開催地
青森県青森市
■開催日
2018年8月2日(木)~8月7日(火)
■イベント内容
 昭和55年、国の重要無形民俗文化財に指定された”青森ねぶた”。
日本の火祭り”青森ねぶた”は、毎年8月2日から7日まで、全国・世界各地から350万人を超える観光客を迎え、華やかに開催されます。
歌舞伎や歴史・神話を題材に、「勇壮・華麗・哀調・殺伐・グロテスク」といったさまざまな表情をもつ「ねぶた」、色とりどりの衣装を身にまとったハネトたち、心に焼き付く笛や太鼓、手振り鉦・・・。
夜空が燃え、大地が揺れるその瞬間、抑えきれないエネルギーが一気に溢れだし、祭りは最高潮に達します。
東北四大祭の一つです。

秋田竿燈祭り

  • 竿燈祭り
  • 竿燈祭り
■開催地
秋田県秋田市
■開催日
2018年8月3日(金)~8月6日(月)
■イベント内容
 天の川が降り注いだような光が大通りをうめつくす。米俵をかたどった提灯を下げ、先端に厄払いの御幣を付け稲穂に見たてた竿を、男が自由に操る。肩に腰に額にと軽々と差し上げるその技は、観衆を熱狂させる真夏の競演です。
日本三大提灯祭の一つです。

山形花笠祭り

  • 花笠祭り
  • 花笠祭り
■開催地
山形県山形市
■開催日
2018年8月5日(日)~8月7日(火)
■イベント内容
 威勢のいい掛け声と花笠太鼓の勇壮な音色。 華やかに彩られた山車を先頭に、艶やかな衣装と花笠をあしらった笠を手にした踊り手が、山形市のメインストリートを舞台に群舞を繰り広げます。
現在では東北四大まつりの一つとして全国に知られるようになった、 山形の真夏の夜をこがす、華麗なまつりです。

仙台七夕祭り

  • 七夕祭り
  • 七夕祭り
■開催地
宮城県仙台市
■開催日
2018年8月6日(月)~8月8日(水)
■イベント内容
 長い歴史と伝統ある仙台七夕まつりは、日本古来の星祭りの優雅さを受け継ぎ、全国に誇る真夏の祭典として盛大に開催されています。
毎年作成される豪華絢爛な笹飾り、仙台七夕本来の笹飾りの美しさ、そして固有伝統の七つ飾りが楽しめます。
東北四大まつりの一つです。

よさこい祭り

■開催地
高知県高知市
■開催日
2018年8月9日(木)~8月12日(日)
■イベント内容
 『土佐の高知のはりまや橋で 坊さんかんざし買うを見た よさこい よさこい』
高知で詠いつがれてきた歌と、南国の情熱と、自由な気風がミックスされて生まれたよさこい祭りは、誕生から53年になりました。
高知で生まれたよさこい祭りは、全国へと広まっています。

阿波踊り

  • 阿波踊り
  • 阿波踊り
■開催地
徳島県徳島市
■開催日
2018月年8月12日(日)~8月15日(水)
■イベント内容
 約400年の歴史があり、徳島県(旧阿波国)内各地の市町村で開催される盆踊りである。なかでも徳島市の阿波踊りが県内最大規模で最も有名であり、四国三大祭り、日本三大盆踊り及び世界三大ダンスの一つに数えられる。

大文字焼き

  • 大文字焼き
  • 大文字焼き
■開催地
京都府京都市
■開催日
2018年8月16日(木)
■イベント内容
 正確には「大文字焼き」ではなく「五山の送り火」と呼びます。
五山の送り火とはお盆に行われる京都の伝統行事で、京都を囲む5つの山にそれぞれ「大文字」「左大文字」「船形」「鳥居形」「妙法」の形に火をともすというものです。五つの山に5種類の送り火を焚くところから「五山の送り火」と呼ばれるようになりました。
また、京都三大祭(葵祭、祇園祭、時代祭)に加えて、京都四大行事とも言うそうです。

西馬音内盆踊り

■開催地
秋田県雄勝郡
■開催日
2018年8月16日(木)~8月18日(土)
■イベント内容
 昔を物語る端縫の衣裳をまとい、鳴り響くお囃子の音色を聞きながら夏の夜を舞います。
豊年祈願や盆供養のために始められたという伝統行事。亡者を思わせる彦三頭巾。編み笠を深くかぶり、美しい端縫い衣裳を身にまとって優雅に夏の夜を舞う・・・それとは対象的に、にぎやかに鳴り響く囃子の音が幻想的な世界を映しだすのが、西馬音内盆踊りです。
日本三大盆踊の一つです。

吉田の火祭り

  • 吉田の火祭り
  • 吉田の火祭り
■開催地
山梨県富士吉田市
■開催日
2018年8月26日(日)~8月27日(月)
■イベント内容
 富士吉田市上吉田の北口本宮冨士浅間神社と諏訪神社の秋祭り。26日は明神みこしと「お山さん」と呼ばれる富士山型みこしが市内に出た後、金鳥居から浅間神社までの南北約2キロにわたって並ぶ約80基の大たいまつ(高さ約3メートル、直径約1メートル)が一斉に点火されます。
日本三大奇祭の一つです。

「吉田の火祭り」写真は富士吉田市さまよりご提供頂いております。

※このページで使用している祭の画像は使用許可を得て掲載しております。

ページの先頭に戻る

半纏・法被ドットコムでのお買い物について

  • ■ご注文の流れ

    • 1.サイズや色数、製作枚数や生地を決める
    • 2.おおまかなデザインを決定する
    • 3.ラフ校正を元にデザイン案を提出します
    • 4.製作作業に入ります
    • 5.完成次第納品いたします

    詳しい注文の流れ

  • ■代金のお支払方法

    代金引換銀行振込郵便振替

    当店での代金の支払い方法は代金引換、銀行振込、郵便振替からご選択いただけます。

    詳しい支払方法

    特定商取引表示

  • ■商品のお届け時期

    入金日を確認後、3日~10日以内に発送させていただきます。なお地域や条件により、発送まで時間をいただく場合は連絡させていただきます。

    詳しいお届け時期

  • ■交換・返品について

    不良品や破損品の場合は引き取りをさせていただきます。詳しくは連絡をいただいた際にご案内させていただきます。お客様の都合による場合は弊社に連絡していただいた上で、商品を返送下さい。

    当店での代金の支払い方法は代金引換、銀行振込、郵便振替からご選択いただけます。

    返品・交換について